藤井フミヤ『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST “25/35”R盤』

 25年間のソロ作品の中からファン投票で選ばれた100曲のうち、半数を収録した本作。ジャケットも真っ二つ、上位10曲でも、50曲でも半数収録という徹底ぶりで、2作買わずにいられない(笑)。ここではR盤を紹介したい。

 Disc-1からほぼ発売順に収録された50曲を聴くと、97年のアルバム曲『ALIVE』が1位で、LIVEファンの多さを想像した。いかにも終盤で歌われそうな重厚なイントロで人を力強く励ますバラードゆえに。00年代の多いDisc-2はダンスミュージックとの融合が多いが、近年のDisc-3になると、自然体の作品が増える。特に、永遠に青春を謳歌しようと朗らかに歌う『友よ』あたりを聴くと、最近のアルバムやLIVEにも興味が湧く。これもベスト盤の醍醐味だ。

 また、歌い方の変化も興味深い。ソロ初期は、バンド時代への反発からか、サラリとした歌唱が多いが、近年は、音域を広げよりドラマティックなものが多い。歌手としての誇りすら感じさせる。

 L盤の方には、おそらくメッセージ性では自己最高の『点線』、ディズニーソングの『Go the Distance』などを収録。本作から、長年の信頼関係は互いを幸せにすることをあらためて実感するはず。

(ソニー・3CD 3241円+税)=臼井孝

関連記事