福井市役所

 夏休みの延長検討などを求める文部科学省の熱中症対策の通知に対し、福井市教委は市内全小中学校の普通教室や音楽室にはクーラーが設置されており「夏休み延長や臨時休業日の設定は考えていない」と説明。一方、授業再開後の校外学習や体育、部活動については「必要に応じて短縮、中止するなど配慮し登下校の熱中症予防を呼び掛けていく」とした。敦賀市教委も市内の全小中学校の普通教室にエアコンを完備していることから、夏休み延長や臨時休業は考えていないとした。

 越前市は福井県内9市で唯一、小学校普通教室へのエアコン設置が未整備だが、中島和則教育長は「夏休みの延長は今のところ考えていない。夏休み終盤や9月に入ってからの天候を注視しながら、各校の状況に応じて対応していく」と話した。同市は2019年夏までに全17小学校でのエアコン導入を目指している。

 福井県内の小中高校は8月下旬から順次授業が再開する。

関連記事