日本ボクシング連盟の不正疑惑に関し、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は7日、東京都内で取材に応じ、日本連盟の山根明会長が過去の反社会的勢力との交友を認めていることについて「事実だとしたら、非常に大きな問題。(辞任は)当然」との見解を示した。スポーツ庁の鈴木大地長官も同様の考えを示している。

 竹田会長は一連の問題で混乱が深まる現状に「(2020年東京)五輪を前に、スポーツのイメージを悪くしているので非常に残念」と懸念を口にした。JOCは事実関係を解明するため、日本連盟に第三者委員会の設置を要請している。

関連記事