全国高校総体のなぎなた演技で県勢初優勝を飾った羽水の瀧口麻衣(左)・織田千尋組=8月6日、三重県の津市久居体育館

自転車の男子1000メートルタイムトライアル決勝 懸命にペダルをこぐ科学技術の市田龍生都=8月6日、静岡県の日本サイクルスポーツセンター

全国高校総体のカヌースプリント女子カヤックシングルで3年連続2冠を果たした福井工大福井のペトラン・ファンニ=8月6日、岐阜県の長良川国際レガッタコース

 全国高校総合体育大会(インターハイ)は8月6日、東海各地で行われ、福井県勢はなぎなた演技で瀧口麻衣・織田千尋組(羽水)が県勢初制覇したほか、自転車男子1000メートルタイムトライアルで市田龍生都(科学技術)が頂点に立ち、カヌースプリント女子カヤックシングル200メートルではペトラン・ファンニ(福井工大福井)が同種目500メートルと合わせ3年連続の2冠を達成した。空手道女子団体組手の福井工大福井も県勢初の3位に入り、メダルラッシュとなった。

⇒県勢の活躍はプレミアムフォトで

 なぎなたの瀧口・織田組は予選、決勝トーナメントを順調に勝ち上がり、準々決勝で強豪首里(沖縄)のペアを4-1で破り勢いに乗った。文化学園大杉並(東京)ペアとの準決勝、清教学園(大阪)ペアとの決勝とも5-0で退け、圧倒的な力を見せた。

 全国高校選抜大会準優勝の自転車の市田は最終組に登場。同大会覇者の松本秀之介(熊本・九州学院)と走る事実上の決勝戦で、0秒401差の1分5秒328でゴールし雪辱を果たした。

 カヌーのペトランはスタートで遅れたものの巻き返しを図り、終盤に先頭に躍り出ると迫るライバルを0秒148上回る43秒990でトップを守りきった。

 空手道の女子福井工大福井は準々決勝で宮崎第一(宮崎)を下し前回の8強を上回った。準決勝では優勝した御殿場西(静岡)に大将戦まで持ち込み2―3で敗れたが健闘した。

関連記事