練習後、取材に応じる村田諒太選手=6日、東京都新宿区の帝拳ジム

 日本ボクシング連盟の不正疑惑問題で、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太選手(帝拳)が6日、選手第一の組織づくりを訴えた。「早く(問題が)収まってほしい。誰が勝った負けたではない。選手を五輪に出場させて、活躍させてあげるんだという気持ちを持って改善に取り組んでほしい」と話した。

 国際オリンピック委員会のバッハ会長は、国際ボクシング協会のガバナンス(組織統治)の問題のため、2020年東京五輪の実施競技から除外する可能性に言及している。

 村田選手は自身のフェイスブックで、不正を告発した「日本ボクシングを再興する会」を支持する考えを表明している。

関連記事