滋賀―福井 3回福井1死二塁、松本友が2ランを放ち先制する=8月5日、滋賀県の守山市民球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月5日、滋賀県の守山市民球場で滋賀ユナイテッドBCと戦い、18-2で勝利した。後期通算8勝8敗3分けとなり、順位は同率2位となった。次戦は7日午後6時15分から、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと対戦する。

 ⇒エレファンツ打線またも大暴れ

福井
002 0014 002…18
000 001  010…2
滋賀

 【評】福井は大量18得点を奪い、快勝した。先発神戸文也は7回1失点の好投だった。

 打線は三回、松本友の2ランで先制した。六回には石井建斗のソロを皮切りに打線が爆発。6長短打に敵失も絡み打者17人の攻撃で一挙14点を奪った。九回には石井、木下裕揮の連打で1死二、三塁とし松本が2点適時打を放つなど攻撃の手を緩めなかった。

 神戸は二回以外走者を背負ったが粘り強く投げた。緩急を生かした投球で1失点にまとめた。九回は楊鑄真が三者凡退で締めた。

関連記事
あわせて読みたい