3年ぶりに夏の甲子園出場を決め、喜ぶ敦賀気比ナイン=7月25日、福井県営球場

 福井大会のチーム打率は3割9分1厘。5試合で48得点を挙げた。準決勝まで4試合連続コールド勝ち。2回戦で昨秋苦杯をなめた福井工大福井に10-0の八回コールドで雪辱して勢いに乗ると、決勝は若狭の堅守に苦しみながらも2-1でサヨナラ勝ちした。

→敦賀気比の戦績はこちら

 俊足の1番岩本大は打率5割で7四死球と選球眼が良く、攻撃的な2番黒田響も打率5割。ミート力が光る3番高橋は9打点、4番阪口は決勝のサヨナラ犠飛などチーム最多12打点を挙げた。5番杉森は打率4割7分1厘。下位も10打数8安打の細谷らが並び、つなぐ意識を高めた打線は相手にとって気が抜けない。

 課題だった投手陣は2年生左腕の木下がエースに成長した。最速138キロの直球と変化球の緩急がさえ、決勝を含む3試合12回1/3を無失点。安定感が光った。

 福井大会直前のメンバー変更でベンチ入りした3年生坂井は救援で好投。最速143キロの力強い直球を投げ込む。技巧派の2年生黒田悠、1年生笠島も控え、駒は豊富だ。守備は福井大会5失策。捕手杉森、遊撃手黒田響、中堅手高橋を軸に鍛えられ、甲子園では2014年夏4強、15年春優勝に続く快進撃を狙う。

 投木下 元秀2左左 182 85 三国丘(大阪)
○捕杉森 圭輔3右右 178 80 中央(福井)
 一阪口 竜暉3右右 179 88 河南町立(大阪)
 二岩本 大輔3右左 167 67 美浜(福井)
 三野道 大誠2右右 173 77 進明(福井)
 遊黒田 響生3右右 184 78 足羽(福井)
 左西川剣之介3右右 179 75 築港(大阪)
 中高橋  丞3左左 172 65 中央(福井)
 右細谷 優作3右右 177 75 長岡(京都)
 補坂井  翔3右右 170 70 東陽(福井)
 補黒田 悠斗2右右 173 73 中央(福井)
 補中野  樹3右右 177 67 山直(大阪)
 補森田 里玖3右左 172 75 中野(大阪)
 補福田 大輝3右右 165 65 粟野(福井)
 補北山 侍穏3右右 177 73 粟野(福井)
 補中川 莉久3右右 169 68 玉手(大阪)
 補進藤 晟真3右右 178 76 馬堀(神奈川)
 補笠島 尚樹1右右 175 67 中央(福井)
 部長・中野洋一郎
 監督・東  哲平

※選手は左から守備位置、氏名、学年、投打、身長、体重、出身中学(都道府県)。○は主将

関連記事