富山―福井 3回福井2死一、二塁、荒道好貴が左前適時打を放ち2―2に追いつく=8月4日、富山県の城光寺野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月4日、富山県の城光寺野球場で富山GRNサンダーバーズと戦い、4―8で敗れた。後期通算7勝8敗3分けとなり、西地区4位に転落した。次戦は5日午後1時から、滋賀県の守山市民球場で滋賀ユナイテッドBCと戦う。

福井
002 100 010…4
201 102 20x…8
富山

 【評】福井は攻守で精彩を欠いた。先発横山恒平は6回6失点と乱れ、打線は11安打を放ったが4点にとどまった。

 横山は一回、2死から2安打と四球で満塁とし2点適時打を浴びて先制された。三、四回にも長打などで失点。3―4の六回には1死二塁から適時三塁打とスクイズで2点を失い、リードを広げられた。

 打線は2点を追う三回に清田亮一、荒道好貴の連続適時打で同点。勝ち越された後の四回に再び追いつくなど粘った。しかし、五回以降は荒道のソロによる1点しか得点を奪えなかった。

関連記事