越前市出身で明治政府の農商務次官を務めた。福井藩の貢進生として東京の大学南校、開成学校(東大の前身)に進む。官費留学生としてボストン大にも入学。その後行政官となった。武生郷友会の発展にも尽力した。