近代化産業遺産。1926年、勝山市元町1丁目に建設され、当時は絹織物を保管する倉庫として使用。織物の湿度を保つため、地下に水をためていた。80年に資料館になり千数百点が集められている。

関連記事
あわせて読みたい