明治期の政治家、杉田定一と杉田家の書簡や証文類など約1万2000点を保有する大阪経済大が文書類を整理した目録。江戸末期~昭和初期で家、地域、裁判など項目ごとに分類されている。