信濃―福井 5回福井1死二塁、清田亮一の右前適時打で二走片山雄哉が生還し、3―3とする=8月3日、長野県のしんきん諏訪湖スタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月3日、長野県のしんきん諏訪湖スタジアムで信濃グランセローズと戦い、九回時間切れの5-5で引き分けた。後期通算7勝7敗3分けとし、順位は西地区3位。次戦は4日午後2時から、富山県の城光寺野球場で富山GRNサンダーバーズと戦う。

福井
101 010 200…5
000 300 200…5
信濃

 【評】福井は終盤のリードを守り切れなかった。先発濵田俊之が5失点と踏ん張れず引き分けた。
 打線は初回、松本友、片山雄哉の安打などで無死満塁とし打撃妨害で先制。三回には須藤優太の中越え三塁打などで1点を追加。しかし四回に濵田が3安打で3失点し逆転された。

 それでも五回に片山、清田亮一の連打で同点。さらに七回、荒道好貴の適時二塁打と暴投で2点を勝ち越した。だがその裏、濵田が1死二塁から中前適時打を浴び、代わった藤原静也の押し出し四球で追いつかれた。八、九回は互いに得点を奪えず痛み分けに終わった。

関連記事