近代化産業遺産。勝山市旭町1丁目に1933年建設。当時、勝山の機業場は多くの集団就職者を受け入れていた。指定されたのは木造瓦ぶき2階建ての寄宿舎3棟と平屋の講堂で、一時は300人が暮らしていた。