青葉山南面に位置し関屋川が流れる。江戸末期には戸数40戸で204人が居住。村内に通称七ツ塚があり、その一つ将軍塚の木は伐採すると悪疫が流行すると伝えられている。高浜町小和田。