福井市内に電灯が初めてついたのは、市制施行から10年後の1899年 5月21日。1900年、1902年の大火の影響で一時普及が遅れたものの、その後は石油ランプからの切り替えが進んでいった。1905年の統計では「市内9836戸中、電灯数は約3000個」と記されている。諸産業の動力となる電気の普及は鉄道を開通させ、織物産業にも革命をもたらした。