福井県福井市のリズムの森=2017年4月

財政再建期間内で再編を検討する施設

 歳入確保策としては、ジュニアグラウンド(約2万平方メートル)の売却や、大和紡績跡地の未利用地の一部貸し付け、市庁舎地下食堂スペースへのコンビニなどの誘致をそれぞれ検討する。競輪特別会計の事業収入の増額にも取り組み、一般会計への繰入金増額も図る。

 市は来年4月の中核市移行を目指しており、今年4月に県の同意を申し入れた。しかしその後、大雪で巨額の除排雪経費が発生したことにより、市一般会計17年度決算で赤字見込みとなることが分かった。西川一誠知事は、6月定例県会時点で市の財政再建計画が具体化していなかったことから、中核市移行の可否を問う議案の提案を見送った。

関連記事