【越前海岸】小型のヒラマサは石切場、雄島、亀島などで釣れており、50~60センチ級のスズキが交じることもある。仕掛けはトップ系ルアー。マイカは三国突堤で3~5匹。アジは鷹巣や茱崎、大樟、三国突堤などで5~10センチが20~50匹。キスは三里浜、波松で10~18センチが20~50匹。

 

【福井新港】チヌはパイプライン、北防でぽつぽつ。練り餌、カニや貝の刺し餌で20~45センチが狙える。仕掛けは落とし込みや前打ち。アジはパイプライン、第2排水口などで5~10センチが20匹以上。

 

【嶺南】元比田のボート釣りで12~25センチのキスが20~50匹。小浜新港で豆アジが揚がっており、それを餌にした泳がせ釣りで、40センチ級のヒラメや60センチクラスのマゴチが釣れる。北川河口ではアオイソメの餌で40~50センチのスズキ。

 

【河川】アユは九頭竜川の谷口、北島、飯島などで17~22センチが10~30匹。足羽川の釣果は下降気味。九頭竜川河口ではルアーで狙うマゴチ、スズキが好調。7月28日には前田剛孝さんが滝波川で36センチのイワナ=写真。

 

【沖合】マイカは三国、鷹巣沖などで50匹以上。3桁をものにする人もいる。玄達瀬では60センチ級のヒラマサ。

 

越前海岸
マゴチ、ヒラマサ
福井新港
チヌ
アジ
嶺南
アジ
スズキ
河川
スズキ、アユ
関連記事