足羽山から産出された笏谷石(しゃくだにいし)。柔らかくて加工しやすく、火にも強い。色も美しいことから同山古墳群の石棺、一乗谷の石仏、北庄城や丸岡城の石垣など広く用いられた。「越前青石」「北庄切石」の名で知られ、足羽、日野、九頭竜川を通じ三国に運ばれ、遠く北海道まで船で移出された。当時の石工頭の文書によれば大阪城の石材にも利用された。