観衆と共にチアダンスを踊るJETS=8月1日、福井県福井市のハピリンホール

 福井県の福井商業高チアリーダー部「JETS」の無料公演会が8月1日、同県福井市のハピリンホールであり、本や映画、ドラマの題材になった演技を一目見ようと約200人が詰めかけ、最高のパフォーマンスを楽しんだ。

 地元で演技する機会を設けようと、JETSと市の第三セクターまちづくり福井が企画。「チア☆ダンJETSショー! in ハピリン」と題し、約40分にわたりダンスや寸劇を披露した。

 寸劇は初代JETSが2009年に全米制覇するまでを描いたストーリー。部員のダンスやナレーションを織り交ぜた演出で会場を沸かせた。

 「みんなで踊ろう レッツチア!」では、部員と着席した観衆が一緒に踊った。部員が「右手を上げて」「両手を上げて」などと指導。観衆も動きを合わせ、一体感あふれる雰囲気に。その後も部員が次々とダンスを繰り広げ、観衆は興奮に包まれた。

 小学3年生からチアダンスを続けているという東京都の14歳は「(演技に)圧倒された。笑顔がすごいし動きがキレキレでかっこよかった」と感動していた。

 2日も午後1時、同3時半、同6時から公演がある。会場前ではドラマ「チア☆ダン」の写真展も開かれ、県内各地で行われたロケの写真20点が並んでいる。

× × ×

8月2日の公演の様子はこちら

 

 
関連記事
あわせて読みたい