市役所の正面入り口を出て東側に、19個の岩が約10メートルにわたって並んでいる。無造作に置かれているように見えるが、実は「心」の字をモチーフにした枯れ山水風のオブジェ。高さ約10センチから 2メートル50センチまでの越前海岸の岩が使われている。1975年に現在の本庁舎が開所した記念につくられ、アジサイや草花のプランターとともに市役所の玄関を彩っている。