2月10日午前9時の予想天気図(気象庁)

 気象庁は9日、強い冬型の気圧配置の影響で、12日ごろにかけて、西日本の日本海側を中心に大雪になる恐れがあるとして、大雪や暴風雪による交通障害などへの警戒を呼び掛けた。10日には、西日本から東日本の上空約5000メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込むと予想。同日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、北陸の多い所で60センチが見込まれている。

 気象庁によると、12日ごろにかけて、日本付近は冬型の気圧配置となり、日本海側では西日本を中心に断続的に雪が降り、大雪となる所がある。太平洋側でも積雪となり、大雪の恐れあるとしている。

 10日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、中国地方90センチ、近畿地方と北陸地方60センチ、東海地方と関東甲信地方40センチ、四国地方と九州北部地方20センチ、九州南部15センチ。11日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、中国地方と北陸地方60〜80センチ、近畿地方50〜70センチの見込み。

関連記事