おむつがむれる季節 イラスト・小林孝文

 おむつかぶれは、おむつにおおわれた部分の肌に炎症が起きるもので「おむつ皮膚炎」といいます。お尻全体が赤くなったり、赤いぶつぶつがでたりし、悪化するとただれて血がでることもあります。

 ■おむつがむれる季節

 赤ちゃんの肌はデリケート。おむつの“ムレムレ”な環境の中、尿や便、汗が刺激になってかぶれます。これからは夏風邪による下痢も多くなります。お出かけ先でおむつをなかなか換えられないこともあるので注意しましょう。

 ■こまめに取り換えて

 予防のポイントは次の通り。
(1)こまめにおむつを換える。
(2)おしっこやうんちが肌に残らないよう気をつけて拭き取る。
(3)肛門まわりや外性器だけでなく、太もものくびれたところも拭く。
(4)下痢のときは拭く際の摩擦も刺激になるので、座浴やシャワーで洗う。
(5)肌に水気が残っていると蒸れの原因になる。よく乾かしてからおむつをはかせる。

■赤み広がれば受診を

 お尻の赤い部分が広がったり、ただれたりしたら、かかりつけ医を受診しましょう。

 治療をしているのによくならない場合は、カンジダというカビが原因の「カンジダ皮膚炎」を起こしている場合があります。カビに効くぬり薬を使うため、かかりつけ医で相談しましょう。(渡邉康宏/福井県小児科医会)

関連記事