入所者の食事を準備する平橋知美さん=7月27日、福井県坂井市のスプリングヒルズ

入所者の洗濯物を畳む高倉綾乃さん(左)=7月27日、福井県坂井市のプライムハイツ春江

 高倉さんは特別養護老人ホームのプライムハイツ春江(同)で入所者の洗濯物を干したり畳んだり、食器洗いや後片付けといった仕事をこなしている。業務員の小林操子さん(63)は「いつも笑顔でまじめに働いていて、こちらが見習わなければならないくらい」と話す。

 本年度の研修は8月1日から福井市のアオッサで始まる。県セルプの永田弘幸センター長(41)は「高齢者施設は人手不足で、介護福祉士が掃除や洗濯といった補助的な業務までこなしている状態だ。研修を通じて、介護の現場で働く意欲がある障害者を高齢者施設とマッチングし、自立につなげたい」と話している。

 参加申し込みは8月30日午後5時までに県セルプ=電話0776(29)2234。

関連記事