TAYASUが導入した3Dレーザースキャナー

 金属加工のTAYASU(本社福井市北楢原町、田安繁晴社長)は3Dレーザースキャナーを使い、構造物や建造物の形状、寸法を正確に計測し、詳細な3Dデータとして記録するサービスを始めた。いわば「3次元空間をまるごとデジタルデータ化するサービス」で、広範囲な場所や対象物の形状が複雑なケースも対応できる。データはパソコン画面上に再現して精密に計測することができ、歴史的な建造物や遺跡の分析、修復に役立つサービスとしても提案していく。

 測量の現場では、大きいものや遠くにあるもの、人が入りにくい場所は日数やコストがかかる。同社は3Dスキャナーの導入により、立ち入り禁止や危険で近寄れない場所でも簡単に計測を可能にした。

 3Dスキャナーは三脚で固定し、水平方向に360度回転させながら、レーザーとカメラで現場を測定する。半径130メートルの広さまで対応でき、誤差範囲は2ミリ以内と極めて精度が高い。狭い空間はハンディータイプで計測し、データを合成できる。

 同社によると3Dスキャナーの画像には、通常のカメラの撮影で発生するひずみなどがなく、正確に真上や真横から見たデータが得られるという。

 東京・大田区の平和の森公園の遊歩道を3Dスキャナーで計測し、改修工事に結び付けた実績があるほか、福井市の一乗谷朝倉氏遺跡や石川県の白山室堂でも試験的に測量を行った。室堂では鳥居の寸法をはじめ広場の面積やこう配、石段の幅や段差を精密にデータ化した。

 パソコン上で正確な3D画像が確認できるため、修復作業が必要になった場合、図面がなくても部品を設計できる。施工業者などと連携して情報を共有し、作業を効率化できる利点もあるという。

 歴史的価値のある古民家の建て壊しなどに伴う計測で引き合いがあり、今後は公共事業に伴う遺跡調査での活用も取り込みたい考え。田安社長は「現場を丸ごとパソコンの中で再現できる。測定が難しいと思われる場所も短時間で正確なデータとして残せる」とメリットを強調している。

関連記事