ルートインBCリーグ・富山―福井 2回福井2死二、三塁、山根弘太郎が中前適時打を放ち2―3とする=7月29日、富山県高岡市の城光寺野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月29日、富山県の城光寺野球場で富山GRNサンダーバーズと戦い、3―5で敗れた。後期通算6勝7敗2分けとなり再び勝率は5割を切った。次戦は1日午後6時から、富山県の高岡西部総合公園野球場で富山と戦う。

福井
020 000 001…3
301 000 10x…5
富山

 【評】福井は一回の3失点が重くのしかかり、接戦を落とした。最終回に打線は反撃したが、一歩及ばなかった。

 先発の神戸文也は一回、2四死球などで1死二、三塁とし左犠飛で先制点を与えた。さらに連続適時打を浴び、計3失点した。打線は二回に清田亮一、荒道好貴の連打などで2死二、三塁とし山根弘太郎の中前適時打で2点を返した。

 しかし、三回以降は本塁が遠かった。3点を追う九回、西和哉の二塁内野安打や四球などで2死一、三塁とし松本友の二ゴロが敵失となり1点を入れたが、最後は須藤優太が三振に倒れた。

関連記事
あわせて読みたい