8月1、2日に公演するJETSのメンバー=7月28日、福井県福井市の福井商業高

 福井商業高校チアリーダー部「JETS」が8月1、2日、福井県福井市のハピリンホールで公演する。全米選手権5連覇など輝かしい実績を持つ同部のメンバーたちは「みんなが笑顔になれるダンスを披露したい」と、本番に向け汗を流している。

 同部の本格的な公演は初めて。同部の五十嵐裕子顧問(50)は「JETSをモデルにした映画やドラマで注目を集める中、いつも支えてくれる福井の人たちに、生徒たちの生のダンスを見てもらいたかった」と話す。

 本番ではチアダンスだけでなく、全米選手権で優勝するまでの紆余曲折の軌跡を振り返る簡単な劇を、映像を交えながら披露する。曲に合わせて参加者に振り付けを教えるコーナーもある。

 7月28日には同校体育館で、約70人の部員がいくつかのグループに分かれて練習。「ワン、ツー、スリー、フォー」「もうちょっと早く」「リズムに合わせて」と部員同士で声を掛け合いながら、本番の振り付けを確認していた。

 JETS部長の高橋沙季さん(3年)は「来た人が元気になるダンスを披露し、感謝の気持ちを伝えたい」と話していた。

 両日とも3回公演(午後1時、同3時半、同6時開演)で各約40分。入場無料で、各回先着200人。

 JETSはチアダンスの全米選手権で2017年まで5連覇を達成。18年には全米大会「ジャムズ・オールスター・ダンス・ナショナルズ」のバラエティー部門で初優勝した。今年12月には米ニューヨークにある世界的な音楽の殿堂「カーネギーホール」での公演も決まっている。

関連記事
あわせて読みたい