南越前町長選で無投票初当選を果たした岩倉光弘氏=24日午後5時10分ごろ、福井県南越前町東大道の選挙事務所

 任期満了に伴う南越前町長選は24日告示され、無所属新人で前副町長の岩倉光弘氏(62)=上野=のほかに立候補の届け出はなく、無投票で初当選が決まった。大勢の支持者を前に「人口減少対策や観光振興など、まちの活性化に全身全霊で取り組む」と抱負を語った。

 午後5時すぎ、岩倉氏は同町東大道の選挙事務所に姿を現した。小雪の舞う中、「心から感謝申し上げる」とあいさつ。「町は自然豊かで、歴史ある文化遺産があり、交通の便も良い。これらを生かし、さらに磨きをかけたい」と述べ、今庄宿や北前船主の館、南条サービスエリアを資源として生かした観光事業に取り組む考えを示した。

 同日朝、立候補届け出後にJA越前たけふ南条支店駐車場で行われた出陣式では、岩倉氏は「誰もが住みたくなるまちづくりを進めたい」と第一声を放ち、選挙カーで町内を回った。同町の町長選は2期連続で無投票となった。

関連記事