24日午前9時の予想天気図(気象庁)

 北陸地方の上空約5500メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、23日は北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が降った。福井地方気象台によると強い冬型の気圧配置は24日にかけて続く見込み。福井県内は大雪のピークを越えたが、24日夕方にかけて大雪に注意が必要という。

 24日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、次の通り。

 嶺北北部の平地20センチ、山地40センチ
 嶺北南部の平地20センチ、山地40センチ
 奥越 50センチ
 嶺南東部の平地30センチ、山地50センチ
 嶺南西部の平地30センチ、山地50センチ

 ×  ×

 23日午後5時現在、福井県内の高速道路はチェーン装着規制がしかれている。

 JR北陸線は23日、特急サンダーバードと普通で計6本が運休したほか、サンダーバード計4本が米原経由で運転するなどして遅れが出た。

 23日午後4時現在の積雪の深さは、大野市九頭竜117センチ、南越前町今庄62センチ、大野44センチ、小浜35センチ、越前市武生17センチ、敦賀14センチ、福井12センチ。

関連記事
あわせて読みたい