台風12号の予想進路(7月28日午後5時現在)

 福井地方気象台の7月28日午後5時13分発表の気象情報によると、強い台風12号は、29日未明から明け方にかけて、福井県に最も接近する見込み。同気象台は暴風、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

 ⇒台風12号の最新情報はこちら
  
 強い台風12号は、28日午後4時には三宅島の南東の海上にあって、1時間におよそ45キロの速さで西北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の北東側130キロ以内と南西側90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は伊豆諸島に接近中で、強い勢力を保ったまま西北西に進み、28日夜遅くから29日未明に東海地方に上陸する見込み。福井県には、29日未明から明け方にかけて、最も接近する見込み。

 28日夜遅くから29日朝にかけて雷を伴った激しい雨の降る所があり、嶺南では29日未明から明け方にかけて非常に激しく降るおそれがある。29日にかけて予想される1時間降水量は、多い所で嶺北地方30ミリ、嶺南地方50ミリの見込み。

 29日午後6時までの24時間に予想される降水量は、多い所で嶺北地方150ミリ、嶺南地方200ミリとなっている。

 29日未明から朝にかけて、海上では非常に強く吹くところがあり、波も次第に高まってしけになる。29日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、 嶺北の陸上で15メートル(30メートル)、海上は22メートル(35メートル)。 嶺南は陸上18メートル(30メートル)、海上25メートル(35メートル)の見込み。
 

関連記事