福井県の県立高の推薦入試と私立高の推薦入試、スポーツ・文化選抜の合格者数が20日、発表された。県立25校で915人、私立6校で971人が合格。地域内の中学から連携先の県立高に進学する連携型中高一貫教育校入学者選抜を含めて1987人が、一足早い“春”をつかんだ。

 県立高は、体育・芸術推薦のみの普通科(募集15校242人)に186人が受験し全員が合格した。専門学科(募集16校857人)は学科推薦と体育・芸術推薦合わせて762人が挑み、696人が合格した。高志と武生の理数、武生東国際など12校16学科で66人が届かなかった。合格率は前年度より2・5ポイント低い91・3%。丹南の総合学科(募集59人)は、受験した33人全員が合格した。

 福井国体を見据えた体育・芸術推薦は、普通科と専門学科、総合学科合わせて353人の募集枠に対し266人が受験し、全員が合格した。このうち県外の合格者数は普通科4校で22人。県外の合格者数は各学科の募集定員から差し引かず、県内志願者に配慮する措置を取っている。

 連携型中高一貫教育校入学者選抜の合格者数は、4校で受験した101人全員が合格した。内訳は金津41人、武生池田2人、丹生30人、美方28人。

関連記事
あわせて読みたい