台風12号の予想進路(27日9時現在)

 強い台風12号が発達しながら北上しており、気象庁は27日、同日昼から夕方にかけて小笠原諸島に最接近するとして、暴風や高波、大雨への警戒を呼び掛けている。台風は速度を上げながら28日午後に伊豆諸島に近づく見込みで、強い勢力のまま同日夜に東日本から西日本に上陸する恐れがある。

 台風12号の情報はこちら

 気象庁によると、台風は27日午前9時現在、父島の南約230キロの海上を時速約20キロで北東に進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。中心から半径130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、半径390キロ以内は風速15メートル以上の強風域になっている。

 小笠原諸島では27日昼すぎから猛烈な風が吹き、大荒れとなる。28日には東日本の太平洋側でも急に風が強まり、海上を中心に猛烈な風が吹いて猛烈にしける。

 28日午前6時までの24時間予想雨量は伊豆諸島で150ミリ。29日午前6時までの次の24時間では関東甲信、東海で300~400ミリなど。

 日本に近づく台風は東向きのコースをたどることが多いが気象庁が27日発表した進路予報円によると台風12号は太平洋を日本に向かって北上した後西に向きを変え、東海から関東にかけての太平洋沿岸に上陸、関西、中国・四国、九州方面に向かう恐れがある。福井県には28日深夜か29日未明に最も近づきそうだ。

関連記事
あわせて読みたい