大藤沙月

 卓球の全日本選手権第2日は17日、東京体育館で行われ、福井県勢はジュニアの部女子シングルスで、2回戦から登場した青木千佳(福井商業高)が4回戦に進出した。同種目で有終南小6年の大藤沙月(フェニックス卓球クラブ)は2回戦で島根の高校生選手をストレートで破ったが、3回戦で敗退した。大藤は初戦でも高校生選手に勝っている。

 男子ダブルスでは徳島剛・寺本昇平(専大)組が3回戦に進出。女子ダブルスでは青木・山本笙子(福井商業高)組が初戦突破した。

 混合ダブルスでともに昨年のリオデジャネイロ五輪メダリストの吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組が2大会ぶりの優勝に向けて順当に4回戦に進んだ。

関連記事