福井市開発町に計画されている地方競馬の場外馬券発売所の建設をめぐり、同市PTA連合会は十九日、市に建設反対の請願書を提出した。

 同連合会は、昨年十一月下旬に緊急会議を開き、「地域の治安や教育に悪影響を及ぼす」として、計画に反対していく方針を決定していた。

 この日は、安野健夫会長ら三人が市役所を訪れ、東村新一副市長に各小中PTAから寄せられた建設反対の同意書を添えた請願書を手渡した。東村副市長は「PTAが心配していることは理解する。状況を整理して考えたい」と述べた。