現金が見つかったたんすの引き出しを示す樋田社長=17日、福井市板垣3丁目のリサイクルマート福井板垣店

 福井市板垣3丁目のリサイクル店、リサイクルマート福井板垣店で、仕入れたたんすの中から現金28万円が入った封筒が見つかった。同店を経営する「ワンズ」の樋田一男社長(65)は「古銭や写真が出てくることはたまにあるが、現金の入った封筒が出てきたのは15年やっていて初めて」と驚いていた。

 たんすは上部に洋服を収納し、下部に引き出しがあるタイプ。

 3、4カ月前に愛知県小牧市で開かれたオークションで仕入れた。15日、同店の店長がたんすの中を掃除していたところ、引き出しの中に敷いてあった紙のシートの下から封筒を発見。中には旧1万円札27枚と旧5千円札2枚の計28万円が入っていた。現金は警察に届け出た。

 店長は「けっこう厚みがあったので、最初は写真かと思った。現金だったので驚いた」と話していた。

関連記事