1月16日午前9時の予想天気図

 福井県地方は15日、強い冬型の気圧配置となり、大野市で氷点下4.4度、勝山市で氷点下4.3度を観測するなど、県内全10観測地点のうち福井市越廼を除く9観測地点で氷点下を記録した。美浜町では今季最低気温となる氷点下1.8度を観測した。冬型の気圧配置は16日にかけて続く見込みで、福井地方気象台は、高波やふぶきによる交通障害に、山地では、16日未明から朝にかけて大雪に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、福井県内各地の積雪は15日午後4時現在、大野市九頭竜102センチ、大野市46センチ、南越前町今庄43センチ、小浜市35センチ、福井市と越前市武生で13センチ、敦賀市8センチ。

 16日午後6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、嶺北北部平地10センチ(山地30センチ)、嶺北南部平地10センチ(山地30センチ)、奥越50センチ、嶺南東部平地10センチ(山地20センチ)、嶺南西部平地10センチ(山地20センチ)の見込み。

 JR西日本金沢支社によると15日午後5時現在、京都府、滋賀県、岐阜県の湖西線や東海道線の大雪のため、特急サンダーバードの上下線計2本が運休したほか、大阪方面からのサンダーバードと、名古屋方面からのしらさぎの下り線の特急計20本が最大1時間半遅れ、約6千人に影響した。

関連記事
あわせて読みたい