雪が降りしきる中、除雪作業する市民ら=福井県大野市

 福井県地方は14日、上空に強い寒気が入り込み、各地で断続的に雪が降っている。大野市九頭竜の積雪が2年ぶりに1メートルを超えたほか、小浜市でも20センチ以上の積雪を観測した。福井県内全域に大雪警報、県内沿岸全域に波浪警報を発令中。

 福井地方気象台によると福井県内各地の積雪は同日午後6時現在、大野市九頭竜104センチ、大野市45センチ、南越前町今庄37センチ、小浜市28センチ、福井市と敦賀市11センチ、越前市武生8センチ。同日の日中の最低気温は大野市と勝山市で氷点下3・2度と冷え込んだ。勝山市、小浜市(氷点下1・3度)、坂井市春江町(0度)は同地点の今季最低を記録した。

 同気象台の同日午後5時発表の予報によると、本県地方は強い冬型の気圧配置が続き、15日にかけて山地を中心に大雪になるところがある。降雪のピークは15日夕方まで続く見通し。その後、16日にかけても大雪が続く恐れがある。

 15日午後6時までの24時間予想降雪量は多いところで40〜70センチの見込み。

 大野市や勝山市、小浜市では14日、市民が除雪作業に追われた。小浜市で同日午後6時すぎに最大瞬間風速29メートルと、同地点の1月の観測史上最大を記録した。吹雪で視界が悪くなった道路を慎重に運転するドライバーの姿が見られた。

 県の災害対策連絡室が発表した、14日午後6時現在の雪による主な交通の影響は、北陸自動車道と舞鶴若狭自動車道は県内区間でチェーン装着と50キロの速度規制が敷かれている。福井—東京間の高速バスは降雪のため、夜に福井、東京を出発する計2便が運休となった。小松空港発着の5便が欠航した—などとなっている。人的、物的な被害はない。国道、県道に通行止めはない。午後8時までに、さらに小松発着便1便の欠航がでた。

 

 

関連記事
あわせて読みたい