台風12号の進路予報

 日本の南の太平洋上を北上している台風12号は7月29日にかけて発達しながら本州へ接近、上陸する見通しだ。27日から東日本の太平洋側で次第に雨が強まり、29日にかけて大雨になる恐れがある。気象庁は26日、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒するよう呼び掛けた。暴風や高波、高潮への備えも必要だ。

 台風12号の情報はこちら

 気象庁によると、台風12号は26日正午現在、沖ノ鳥島の近海をゆっくりと東北東に進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径220キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。

 27日午後には強い勢力で小笠原諸島に最も近づき、28日には伊豆諸島に接近する。付近の海上は大しけになり、東日本の太平洋側では非常に強い風が吹くとみられる。

 28日正午までの24時間予想雨量は多い地域で伊豆諸島100~200ミリ、小笠原諸島、関東甲信100~150ミリ、東海50~100ミリ。その後、雨はさらに強まり、降水量が多くなる見通し。

 気象庁が26日発表した台風12号の進路予報円によると28日から太平洋沿岸に接近、上陸後29日朝日本海へ抜ける見通しで、福井県には同日午前最も近づきそうだ。

関連記事