福井地方気象台は13日午後9時31分、嶺北地方に大雪警報を出した。14日明け方から大雪に警戒するよう呼び掛けている。

 福井県地方は14日から15日にかけて上空に今季一番の強い寒気が入り込み、大雪になる恐れがある。福井地方気象台によると、降雪は14日朝と、同日夜から15日昼前にかけてピークとなる見込み。雪による交通障害、高波や竜巻などの激しい突風、落雷に注意し、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けている。

 県によると、14、15の両日に大学入試センター試験、14日に県立高志中入学者選抜が行われるため、北陸自動車道や国道8号など主要幹線道路から試験会場までは「最重点除雪路線」と同レベルの積雪5センチで除雪する。

 国土交通省近畿地方整備局は大雪の場合、国道8号の越前市塚原—敦賀市岡山間など県内5区間を除雪のため必要に応じて通行止めにする。

 中日本高速道路とJR西日本金沢支社は北陸道、北陸線の運行情報に注意するよう呼び掛けている。

 県は13日、部局長や同気象台担当者らを集めた連絡調整会議を県庁で開いた。各部局長は11〜13日に各市町や建設、農業団体、医療・社会福祉施設に注意喚起した内容を報告。迅速な除雪対応も確認した。

 同気象台によると、冬型の気圧配置は16日まで続く見込みで、15日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で60〜80センチ。

関連記事