届いた年賀状を前に、喜ぶラプト=福井県庁

 福井県の恐竜ブランド「ジュラチック」のキャラクター20体に、県内外から1319通の年賀状が届いた。昨年の292通から約4・5倍に。3年目で4桁の大台に乗せ、隊長のラプトたちは大喜びだ。

 キャラクターたちが住む「ジュラチック王国」の出張所がある県ブランド営業課が、10日までに届いたものを集計し、12日に発表した。内訳は県内が1234通、県外は19都府県から85通だった。県外で最も多かったのは石川県の15通、次いで大阪府14通、兵庫県8通など。

 同課によると、県内からはクラスや学校単位で年賀状を書いてきたところもあり、県外からは会員制交流サイト(SNS)で情報を得て送ってきた人が多かったという。石川県のPRキャラクター「ひゃくまんさん」との共演や、アイドルグループ「嵐」の福井公演会場でのPR活動も一役買ったという。

 寄せられた年賀状にはイラストや写真のほか、「今年も会いに行きます」「大好き」などのメッセージが添えられている。予想外の急増でラプトたちは返事を書く作業に大忙し。月内には全員にお礼が届くという。ラプトは「たくさんのお友達から年賀状が届いてうれしいじゅら。今年も応援よろしくじゅら」とコメントしている。

関連記事
あわせて読みたい