気象庁によると13日は、北日本の上空約5000メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、日本付近は北日本を中心とした強い冬型の気圧配置となっている。14日から15日には、北日本の上空約5000メートルに氷点下42度以下、東日本に氷点下39度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置がさらに強まる見込み。

 北日本から西日本の日本海側を中心に、15日にかけて大雪が継続し、猛吹雪となるところがある見込み。また、14日から15日にかけては、東海や近畿など西日本から東日本の太平洋側の平野部でも局地的に大雪となる恐れがある。

 気象庁は12日、大雪に対する緊急発表を行い、大雪や猛吹雪による立ち往生に警戒が必要とした。不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には冬用タイヤやチェーンの早めの装着を呼び掛けている。

 福井地方気象台によると14日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、嶺北平地15センチ、嶺北山地30センチ、奥越60センチ、嶺南平地5センチ、嶺南山地15センチの見込み。

 その後も雪は降り続き、14日午前6時から15日午前6時までに予想される24時間降雪量は多い所で、60〜80センチと予想している。その後16日にかけても大雪が続く恐れがある。 

 海上では13日はしけとなり、14日はさらに波が高くなって大しけとなる見込み。14日までに予想される波の高さは、嶺北、嶺南ともに6メートル。

関連記事