毛染めを施す小野田さん=福井市山室町のサロン「マユーラ」

 元看護師の小野田伸子さん(62)=福井市=が、美容師免許を取得した。理容師美容師試験研修センター(東京)によると、60代で取得するのは全国でも珍しいという。インドの伝統的医学の施術サロンを開こうとしたことがきっかけで、免許取得後は天然素材による毛染めにも挑戦している。「後悔だけはしたくないと努力し続けた成果。お客さまに笑顔になってもらいたい」と目を細めた。

 小野田さんは約40年にわたり看護師として患者に向き合い続けてきた。2011年に看護師を辞めた後、自身の疲れを癒やすためにと、インドの伝統的医学「アーユルベーダ」の技法で、頭にオイルを流し体質改善などを促すという「シロダーラ」を学び始めた。

 看護師時代には、一人一人の患者と十分に向き合えなかったのではないかという思いがあった。「頑張ろうと前を向くためのお手伝いをしたい」と考えるようになり、シロダーラを他の人にも役立てようと、サロン開店を思い立った。

 シロダーラには洗髪が付きものだが、他人に施すには美容師免許が必要だと分かった。13年9月、60歳を目前に美容学校に入学した。

 「入学したはいいものの、本当にできるのかという不安もあった」と小野田さん。髪を扱う技術を覚えるのに苦労しつつ、美容師免許の試験に向けて練習に明け暮れた。「自分にとって最後の挑戦」と言い聞かせ、毎日のように美容学校へ通い少しずつ技術を高めた。昨年9月に受験。合格が分かると「終わったという達成感と解放感でいっぱいだった」と語る。

 小野田さんは現在、自宅付近にサロン「マユーラ」を構える。施術ではシロダーラのほかにも、足湯や全身マッサージなどがあり、毛染めも行う。毛染めには自然由来の原料にこだわり、インドに自生するミソハギ科の植物「ヘナ」の染料を使う。

 小野田さんは「リラックスし、気分よく帰ってほしい」と、3、4時間かけ、対話を楽しみながら落ち着いた時間を過ごしてもらう。「今後も新しいことに目を向けていきたい」と笑顔で話していた。

関連記事
あわせて読みたい