気象庁によると12日、北日本の上空約5000メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、日本付近は北日本を中心に強い冬型の気圧配置となっている。冬型の気圧配置は13日も続き、14日から15日ごろには、北日本の上空にさらに強い寒気が流れ込み、東日本から西日本の上空にも氷点下30度以下の寒気が流れ込むため、冬型の気圧配置がさらに強まる見込み。同庁は、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に注意を呼び掛けている。13日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で北陸は90センチの見込みとなっている。

 同庁によると、12日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道20メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)、北陸18メートル(30メートル)。13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北陸地方18メートル(30メートル)、東北地方16メートル(30メートル)、北海道地方15メートル(30メートル)となっている。

 12日に予想される波の高さは東北で6メートル、北海道と北陸で5メートルの見込み。13日に予想される波の高さは、東北地方、北陸地方で5メートル、北海道地方4メートルの見込み。

 13日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で北陸90センチ、東北80センチ、北海道40センチの見込み。

関連記事