福井県地方は11日から16日ごろまで強い冬型の気圧配置が続く見込みで、福井地方気象台はこの間、平野部でも断続的に雪が降ると予想している。大学入試センター試験が実施される14、15の両日には今季一番の寒気が入り込むとみられ、平野部でも積雪の恐れがある。

 同気象台によると、11日の予想降雪量は多い所で山間部20センチ、平野部5センチ。12日は山間部30センチ、平野部5センチとなっている。

 福井市の14日の最高気温は3度、最低気温が氷点下1度、15日は最高気温4度、最低気温氷点下1度の見込みで、ともに曇り時々雪の予想。路面が凍結する可能性もあり、同気象台は最新の情報に注意するよう呼び掛けている。寒気は17日ごろ緩むとみている。

関連記事