少子化対策をテーマにした福井県の西川一誠知事と高市早苗沖縄北方・少子化担当大臣の対談が十一日から、政府インターネットテレビで放映されている。本県の先進的取り組みや国の施策を発信している。

 同テレビは内閣官房、内閣府の公式サイト。安倍首相のライブトークなど政府情報を動画で提供している。対談は少子化対策の推進に向け、国民の機運を高めようと、内閣府の要請で企画された。

 「子育てフレンドリーな社会に向けて」と題した約七分間の番組では、本県を「合計特殊出生率が上昇した県」として紹介。西川知事が第三子以降について妊婦検診の費用や三歳未満児の保育料などのサービスを無料化する「ふくい三人っ子応援プロジェクト」、子育てを応援する企業の普及など、地域一体となった取り組みをアピールしている。

 高市担当相は昨年六月に策定された国の少子化対策について、さらに運用改善を進めていることなどを説明している。

関連記事
あわせて読みたい