敦賀郵便局と敦賀市内にある十一の特定郵便局は一、二の両日、気比神宮に臨時郵便局を開設した。今年十月に控える郵政民営化を機に企画したもので、全国的な産地である群馬県高崎市のだるまなどを販売した。

 一日午前零時、新年を迎えると同時に開設した。だるまと年賀はがき、切手を組み合わせた「福だるまレターセット」が店頭に並び、郵便局職員は力のこもった声で、「新しい一年の願い事を込めて、縁起物はいかがですか」と繰り返していた。

 境内には大勢の参拝客が詰めかけ、だるまの色鮮やかさに思わず足を止める人も多く、縁起を担ごうと買い求める年配者の姿が目立っていた。

関連記事
あわせて読みたい