全国選手権に向け意気込む北陸高サッカー部の選手たち=福井県坂井市の丸岡スポーツランド

 サッカーの全国高校選手権は30日、東京都の駒沢陸上競技場で開幕する。5年ぶり4度目の出場となる福井県代表の北陸は、31日の1回戦(神奈川県の等々力陸上競技場で、午後2時10分試合開始予定)で鹿児島城西とぶつかる。選手権の初勝利に向けてチームの士気は高く、最終調整に余念がない。

 ここ2年は県大会決勝まで進みながら、あと一歩及ばず準優勝。今年も一進一退の接戦になったが、後半ロスタイムに決勝ゴールを決める劇的勝利で、念願の全国切符をつかんだ。

 細かくボールをつないで攻めるパスサッカーが武器。スピーディーなパス連係を高めるため、ボールのファーストタッチ、受け手の動き方の練習を繰り返してきた。

 基本布陣は4—5—1。ボランチの高嶋竜輔主将を起点にボールを動かし前線に送る。ワントップの三宅勇輝は小柄ながら負けん気が強い点取り屋。トップ下に入る坂東陽優吾とのコンビネーションで相手ゴールを脅かしたい。運動量豊富な左サイドバック梅田亮祐、突破力のある左サイドハーフ吉田迅杜を軸としたサイド攻撃にも期待がかかる。

 守備の意識も高い。「引いて守るのではなく、攻撃的な守備をしたい」(松本吉英監督)と全員がハードワークをこなし、前線から積極的にプレスを仕掛ける。最終ラインを統率するDF堀圭吾、189センチの長身GK椎葉俊介を中心にディフェンス陣は安定している。

 初戦の相手、鹿児島城西は日本代表の大迫勇也選手を擁し2008年度大会で準優勝した名門。松本監督は「相手は横綱だが、勝負は戦ってみないと分からない。ひるまずに食らいつきたい」と闘志を燃やしている。

監督:松本吉英

▽GK
(1) 椎葉俊介 3 サウルコス福井
(15)杉本 零 2 サウルコス福井
(25)松山蓮大 2 開成中

▽DF
(2) 鈴木宏海 3 開進二中
(4) 中山惠司 3 FUKUI North FC
(5) 辻子寛太 3 アルタス若狭小浜FC
(6) 堀 圭吾 2 丸岡FC
(9) 梅田亮祐 3 至民中
(21)小幡 暉 2 丸岡FC
(22)佐藤研汰 2 春江中
(23)平野倭都 1 敦賀FC
(24)近藤大貴 3 三国中
(26)加藤大輝 3 大東中
(29)坪井大征 3 ReabolaTFC
(30)田中 樹 3 清水中

▽MF
(3) 河村健斗 3 清水中
(7) 高嶋竜輔 3 FUKUI North FC
(8)坂東陽優吾 2 丸岡FC
(11)竹村佳久 3 アルタス若狭小浜FC
(12)吉田迅杜 2 フェンテ大野FC
(13)杉村勇輔 1 アルタス若狭小浜FC
(14)八木悠斗 1 武生FC
(18)北川颯真 3 敦賀FC
(19)中嶋 祥 2 丸岡中
(20)平森大誠 2 福井市中央FC
(27)諏訪朝也 3 FUKUI North FC
(28)玉村樹基 3 南越中

▽FW
(10)三宅勇輝 3 敦賀FC
(16)舘日 向 2 芦原中
(17)井上啓吾 3 ReabolaTFC

※左から背番号、名前、学年、出身中または前所属チーム。サウルコス福井、丸岡FC、敦賀FC、フェンテ大野FC、武生FC、福井市中央FCはそれぞれのジュニアユース、もしくはU15チーム。

関連記事