バスケットボールの第37回全国高校選抜優勝大会最終日は三十日、東京体育館で男子決勝が行われた。初優勝を目指した福井県代表の北陸は洛南(京都)に82—104で敗れ、8月の全国高校総体(インターハイ)に続く2冠を逃した。選抜準優勝は2年ぶり7度目。

 北陸は第1クオーター、速攻や3ポイントシュートが決まり22—21と先行。第2クオーター以降は洛南の高さに苦しめられ、終始リードを許した。64—70で迎えた最終第4クオーター、北陸は最後まで激しいディフェンスで応戦したが、冷静な試合運びを見せた洛南に反撃の芽を摘まれた。