東尋坊限定のオリジナル日本酒を企画、販売している七福屋の西真寿享さん=福井県坂井市の東尋坊商店街

 福井県坂井市の東尋坊商店街で土産品などを販売する「七福屋」が、国内外の観光客増につなげようと同店限定の純米吟醸酒「佐左衛門(さざえもん)」を企画し、販売を始めた。福井市の酒造会社と、県内を拠点に活動する墨絵作家と共同で完成させた。同店の3代目、西真寿享さん(50)は「東尋坊でしか手に入らない酒をきっかけに多くの人が訪れてくれれば」と期待を込める。

 同店は約50種類の地酒を販売するなど「福井のうまいもん」(西さん)を発信している。ことし4月に免税店の許可を受け、外国人観光客の誘客にも力を入れる。和食ブームをヒントにオリジナルの日本酒を企画した。

 酒造りは福井市佐野町の吉田金右衛門商店が担った。酒米「山田錦」を100%使用。九頭竜川の伏流水で仕込み、初めて日本酒を飲む外国人や女性が飲みやすいよう、辛さを抑えコメ本来の味わいを残したという。

 ラベルは、同市にアトリエを持ち全国で活躍する墨絵作家、西元祐貴さん=鹿児島県出身=が描いた。東尋坊の岩場に激しく打つ波を力強く表現している。酒の銘柄は西家の屋号からつけた。

 西さんは「この酒を飲んで東尋坊の印象が残り、リピーターが増えれば」と期待する。七福屋の西範夫社長(78)は「大勢の人に飲んでもらい福井をPRしたい」と話していた。

 佐左衛門は720ミリリットル入り2160円(税込み)。七福屋の営業は午前9時〜午後4時半(冬季)。問い合わせは同店=電話0776(82)1188。

関連記事
あわせて読みたい