厚生労働省が27日発表した11月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0・01ポイント上昇の1・41倍で、3カ月連続で改善した。1991年7月以来25年4カ月ぶりの高水準。都道府県別では福井県の有効求人倍率は前月から0・03ポイント低下し、1・87倍となった。東京都の2・03倍に次いで10カ月連続で全国2番目だった。最低は北海道と沖縄の1・02倍。

 総務省が同日発表した11月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・1ポイント上昇の3・1%で、3カ月ぶりに悪化した。

 有効求人倍率は、求職者1人当たりの求人数を示し、企業の高い採用意欲を背景に改善が続いている。新たに職探しを始める人も増えたが、就職に結び付かないこともあり失業率は悪化した。

 総務省は「就業者数が増加するなど雇用情勢は引き続き改善している」と分析した。

 全国の男女別の失業率は、男性が前月と同じ3・2%、女性は0・2ポイント上昇の2・9%だった。完全失業者は前年同月比12万人減の197万人。

 全国の11月の新規求人は前年同月比7・7%増加。産業別にみると、人手不足が続いている生活関連サービス・娯楽業や医療・福祉、教育・学習支援業などで大きく伸びた。

関連記事
あわせて読みたい