ベスト8以上に照準を合わせる福井工大福井高女子サッカー部の選手たち=福井県永平寺町の福井工大カール・マイヤーグラウンド

 サッカーの全日本高校女子選手権は30日、兵庫県で開幕する。13年連続13度目出場の福井工大福井(北信越2位)は、同日の1回戦で、神村学園高等部(鹿児島、九州2位)と対戦する。目標はこれまでの同校最高成績(16強)を上回るベスト8以上。中村涼乃主将は「歴史を塗り替えたい」と意気込んでいる。

 布陣は4−3−3。看板の3トップを中心に「例年より攻撃力は間違いなく上」と久保直也監督は自信をみせる。その3トップは、左足から放つ力強いシュートが武器の小林和音、身長175センチと長身でポストプレーを得意とする竹田うみ、スピードとパワーが売りの村上賀梨、小柄ながらフィジカルの強い清水紀良里の4選手から調子を見極めて起用する。

 鍵を握るのは、ボランチの水野亜美とセンターバックの中村主将。水野は技術と状況判断に優れる攻守の要。中村は1年時から試合に出場し経験豊富。この2人を軸にしっかり守り、素早いカウンターにつなげたい。

 トップ下には、椚春侑、渡邊真衣の両1年生。守備陣はサイドバックに坂元茉耶、吉川小夜子、センターバックは中村主将と西川紗奈が務める。GKは調子を見て判断する。

 対する神村学園は昨年準優勝の強豪。指揮官は「力強さがあり、試合巧者」と分析するが、中村主将は「チーム力では負けていない」と強気だ。初戦突破で勢いに乗りたい。初戦は、三木市のみきぼうパークひょうご第2球技場で午後1時45分開始予定。

 大会は全国9地区代表などの計32チームがトーナメントで頂点を争う。

監督:久保直也

▽GK
(1)藪下真唯 2
(12)高井由衣奈 3
(23)河合茉奈 2
(34)石田芙夕 1
(45)古田菜緒 1

▽DF
(2)坂元茉耶 2
(3)西川紗奈 2
(4)中村涼乃 3
(5)福山佳歩 3
(6)吉川小夜子 3
(18)山本理菜 3
(19)佐々木千夏 2
(21)田中あみ 2
(29)小西陽菜 1
(32)谷結愛 1
(35)中西菜友 1
(38)矢橋菜央 1

▽MF
(7)水野亜美 3
(8)牧村愛理 2
(27)椚春侑 1
(33)種村佳沙音 1
(41)渡邊真衣 1

▽FW
(9)小林和音 2
(10)竹田うみ 2
(11)村上賀梨 2
(13)伊藤知奈美 3
(15)勝木澪 3
(16)加藤真帆 3
(17)小長谷瑠衣 3
(20)清水紀良里 2

※左から、背番号、名前、学年

関連記事
あわせて読みたい